FIREを目指す理系院卒のブログ

FIRE(経済的自立と早期退職)を目指す理系院卒のるーてくです。

Oppo Reno3 Aを買った。雑感など

僕は十分満足です。

ベンチマークとかは色んな人が既にやっていると思うので、雑感を書きたいと思います。

というわけで、るーてくです。

 

Oppo Reno3 Aは楽天モバイルで親が購入・契約しました。

新規契約で25000ポイント戻るというのに釣られて……。

親のサブ端末ですね。設定とかしてあげたときに使ってみたので、その感想を書きます。

 

電源つけたときの演出がかっこいい

なんていうんでしょうか、原神の起動時ロード画面みたいな……?

暗闇から明るいところにバーンって出ていくみたいな演出がかっこいいです。

f:id:fire-informatist:20210723082901j:plain

起動時のロード画面。ロードが終わると明るくなる。

 

ケースと保護フィルムが最初からついてくる

これはびっくりしましたね。

ケースとフィルムが付属品で、しかもフィルムが最初から貼ってあるスマホなんて今まで買ったことがありません。

別で買おうと思ってたので大変助かりました。iPhoneと違って100均でケース売ってないですからね、Android端末って。

f:id:fire-informatist:20210723084431j:plain

付属ケース(左) 本体(右、画面保護フィルムが最初から貼ってあり、さらに薄いフィルムで保護されている。使用するときはこの薄いフィルムを剥がしてから使う)

 

古いバージョンだと翻訳が微妙なところがあるが、最新バージョンだと治ってると思う

一応説明しておきますと、Oppo Reno3 Aに搭載されているOSは、OppoAndroidを独自にカスタマイズしたColor OSというものです。といってもほとんどAndroid、GooglePlayストアも普通に使えます、Kindle FireタブレットのFire OSとはここが違うところですかね?

 

最初にインストールされていたColor OS 7の場合ですが、設定画面とかで翻訳が微妙なところがありました。意味は通じるんで大丈夫ですけどね。

多分Color OS11では直ってるんじゃないかなって思います。

 

画面めちゃくちゃ綺麗

このOppo Reno3 Aを買う人って、画面に相当期待していると思うんですが、これは素晴らしい画面です。

輝度も高いので屋外でも見やすい。

逆に、夜中に輝度を暗くしても見やすい。

まるで印刷物みたいな画面です。

f:id:fire-informatist:20210723083210j:plain

初期設定のときの画面。ノッチ部分の曲がりがかっこいい。

写真ではファイルサイズとかの観点で小さめに加工してますので伝わりにくいと思うんですが、肉眼で見ると画面はキレイです。

 

また、ロック画面を放置していると、常時表示時計になります。

有機ELだとこんなことできるんですね?設定で無効化もできますけど、焼付き対策で時計の位置もずれるし、バッテリー消費もほとんどないみたいなんで、有効化すると便利かもしれません。

「時間を確認するために机上のスマホのボタンを押す」という1動作が無くなるのは思った以上に楽です。

f:id:fire-informatist:20210723083335j:plain

常時表示時計。うっすら表示されているが見難くはない

 

ただ、僕の個人的な感想ですが、発色は思ったより良くないかも、という印象を受けました。有機ELってもっと鮮やかな発色になる印象があったんですが、本機種は忠実に色を出している感じがします。もちろん設定で鮮やかな感じにも変えられると思うので、お好みでということなんでしょう。

 

 

アップデートの回数が多い(差分アップデートしかしてくれない)

Oppo Reno3 Aは2020年6月、昨年夏発売機種ですから、新品で購入したとは言え、開封時のバージョンは1年前のバージョンでした。

ありがたいことにアップデートは高頻度で提供されていて、Android 11(ColorOS11)へのアップデートも可能でした。

 

ただ、アップデートの回数が多いです。

要するに、アップデートは「前のバージョンから一個次のバージョン」のアップデートしかできませんでした。もしかしたら今後改善されるかもしれないですが。

 iPhoneのように、めちゃくちゃ古いバージョンからでも最新バージョンに一気にアップデートというのはできないですし、WindowsUpdateのようにある程度アップデートをまとめて実行するということもなく、「一個前のバージョンから、その次のバージョンへ」というアップデートを繰り返します。

アップデートを特に意識していない人であれば、購入後は毎日アップデートの通知が来ていることでしょう。

 

まぁ一方で、「購入日に一気に最新版にアップデートするのってどーなん?」って思います。これだけの量のアップデートだと2時間ぐらいかかりそうだし、購入日は新しいデバイスを楽しみたいじゃないですか。

ある程度遊んでから一個ずつアップデートしてもいいんじゃないの?って思いましたけど、セキュリティの問題があるので常に最新版が推奨されてるんですよね……。これが辛いところ。

 

 

ゲームでも十分使えるよ

ゲームには向いてないってレビューしてる人が多いんですが、少なくとも自分にとっては十分です。

 

PUBGモバイルを遊んでみました。

設定をスムーズにして、フレームレートを高にするのが一番このゲームには向いていると思います。

画面が大きく、本体がそこそこ軽いので操作がかなりしやすいです。

iPhone7でやってた頃は本体アチアチで画面も小さいし指が疲れるゥって感じだったんですが、Oppo Reno3 Aではあまり熱くならないし、安定感があります。

 

 

その他、いくつかゲームを遊んでみましたが、

フレームレート低下は起こることがあったものの、画質設定を下げれば安定して遊べるんじゃないかなと思いました。 

10万円超えの端末と比べると流石に見劣りするでしょうけど、2万円台で、楽天モバイルならポイント還元があって実質数千円の端末ですからね。十分なパフォーマンスだと思います。

iPhoneとは直接比較できないですが、ゲーム性能としてはiPhone7~8程度ではないかなと感じました。あくまでも主観ですよ。ベンチマークでもそのぐらいの結果が出ているみたいですが、そのぐらいの感じです。

 

指紋認証遅いし精度悪いけど許容範囲内

指紋認証はあまり良くないです。ただ、世界最先端とも言える「ディスプレイ内指紋認証」ですからね。2万円台の端末にこの最先端の技術が搭載されているというのはものすごいことだと感じます。

指紋認証はやや遅く精度も悪く、iPhone5sよりも反応が悪いかもしれません。ただ、何度もいいますが本機種はディスプレイ内指紋認証という超最先端技術を搭載しています。それを考えれば十分許せる性能だと思います。

 

余談ですけど、指紋認証のエフェクトかっこいいです。このためだけに使ってもいいぐらい。あと、充電時のエフェクトもめちゃくちゃかっこいい。iPhoneでやると逆にダサい演出でも、本機種だとかっこよく感じるから不思議です。

顔認証は使ってないですけど評判はいいみたいですね。

 

 

メイン機として使えるクオリティ

ちょっと画面が大きすぎて持ち運びにはどうかなぁ、と思いましたが、ベゼルが狭いのでそんなに気になる大きさではなかったです。ぎりぎりポッケに入ります。

防水、おサイフケータイ搭載で、2万円台、バッテリー長持ち、画面キレイ、画面でかい、デュアルSIM対応、指紋認証・顔認証といたれりつくせり。

個人的に残念だったのが無線充電のQiに対応していないこと。USB-Cで充電できるのは良いんですが、iPhoneではQiで充電しているのでちょっとめんどくさいかな~という気持ちです。Qi楽なんですよね、置くだけだから。

 

ということで、楽天モバイルで還元を受ければ実質数千円で買える現状では、本機種Oppo Reno3 Aは非常にオススメの端末です。

メイン機にも使える性能があります。もちろん重いゲームをサクサク遊んだり、4K動画を編集したりするには苦しいですが、「普通に使う」のであれば困ることはあまりない、クオリティの高い端末だと思います。

 

何週間か使ってみての感想をまた書きますね!それでは。

 

本記事の内容によって何らかの損害が生じたとしても、一切の責任を負いません。
記事内容は可能な限り正確な情報を提供するよう努めておりますが、正確性や安全性を保証するものではありません。