FIREを目指す理系院卒のブログ

FIRE(経済的自立と早期退職)を目指す理系院卒のるーてくです。

LibreOffice Calcでグラフを作り、グラフを削除する方法

自分用の備忘録です。参考にする場合は自己責任でお願いします。

この記事はあくまでも技術的な備忘録であり、特定の企業や団体・個人を批判する目的は一切ありません。

 

やっはろー、るーてくです。

LibreOfficeの使い方で困ったところがあったので、今日は手短に書いていきたいと思います。

無料で使えるOfficeソフトであるLibreOfficeについては、今度解説しますね。

今回は、「LibreOfficeのCalc(Excelっぽいソフト)でグラフが削除できない問題」について書きます。

 

グラフを作るには?

LibreOfficeExcelっぽいソフト、Calcでグラフを作るには、以下のようにします。

f:id:fire-informatist:20210714150054p:plain

サンプルデータ

サンプルデータをこんなふうに用意しました。

まぁ、これで折れ線グラフとかを2本作ってみたいですね。

 

f:id:fire-informatist:20210714150327p:plain

ドラッグしてサンプルデータを選択

ここで、グラフを作るボタンを押します。

 

f:id:fire-informatist:20210714150731p:plain

グラフ挿入ボタン

LibreOffice Calcではデザインを2種類選べるっぽいですよ。僕の場合はExcelっぽいデザインに変更したので、「グラフ」のボタンを押します。

 

f:id:fire-informatist:20210714151721p:plain

折れ線グラフの設定

今回は折れ線グラフを作りたいので、「1.グラフの種類」から「線」を選んで、お好きなものを選びます。

 

f:id:fire-informatist:20210714151440p:plain

項目名とデータ系列の設定

このままだと項目名がちゃんと認識されていないので、「2.データ範囲」を選んで、「最初の列を項目名に引用」にチェックを入れます。Excelだとこのあたりはうまくやってくれるんですけど、LibreOffice Calcだとうまくいかないこともあるっぽいんで、こうやって修正します。

で、今回の入力データの場合は「行内のデータ系列」を選択します。これは入力データの種類とか、作りたいグラフについて異なるので、入力データによって適宜調整してくださいね。

 

f:id:fire-informatist:20210714151924p:plain

作りたい折れ線グラフが作れた

はい、これでなんとなく作りたい折れ線グラフが作れましたね。

 

 

グラフの削除の方法

Excelの場合はこのグラフをクリックで選択して、Deleteキーを押すとグラフを削除できるんですが……LibreOffice Calcの場合はできませんでした。

削除の手順は以下の通りです。

 

1.元データの表の適当なところを押す

f:id:fire-informatist:20210714152411p:plain

例えば、表の赤く囲んだ辺りを押す

2.選択解除されるので、再びグラフを選択し、Deleteキーを押す

f:id:fire-informatist:20210714152539p:plain

表の選択解除後にグラフを選択した状態(グラフを囲むグレーの線が無くなっている)

グラフの四隅の白い四角(赤く囲んだ部分)が出ている状態でDeleteキーを押すか、右クリック→切り取りをすると、グラフを削除できます。

 

 

まとめ LibreOffice Calcは結構癖があるけど無料で使えるし便利!

というわけで、LibreOffice Calcにおけるグラフの作り方と削除の方法をお伝えしました。

Excelといろいろ違うところもあるので戸惑うこともあるかも知れないですが、なんやかんや結構使えるソフトです。

Excelがあったら使わなくてもいいかも知れないですけど、「普段使ってないパソコンでちょっとxlsxファイルいじりたい!」って時にはLibreOffice Calc、オススメです。

どうぞご検討ください、それでは。